日ごろは格別たるお引き立てを賜り心より感謝申し上げます。


当社は1973年9月、会長の熊谷吉弘によって「伊賀良電化サービス」が飯田市に誕生致しました。創業43年を迎えました


経営理念である「お客様の喜び・満足は私たちの生きがいです」は、自社が経営ビジョンを達成し、社員・スタッフ皆様のもっと幸せになり、もっともっと世の中に役に立つ会社にしたい、という経営に対する設立時に沸きあがってきた私の熱き想いです。

最近では大企業の不祥事が多く報道されます。これは理念というものを失った会社の姿であります。私たちが今心がけなねればならないのは、この経営理念を常に胸に、理念に基づいた仕事、更には理念経営こそが求められるのです。当社の現在の姿とは、過去に会長の取り組みによって成り立っております。どのような気持ちで仕事に取組んできたか、お客様に対する姿勢、寝る暇もなく一生懸命働き続けてきた結果として今があります。


それでは今後の未来はというと、未来は私たちが作り上げていくものなのです。私たちが、どんな気持ちでお客様に接するか、どのような仕事の仕方をするか、どれだけお客様に感動を与えることができるか、というような努力や勉強など、日々の積み重ねで未来は決定するのです。例えうまく行かないことがあったとしても、今ここ精一杯努力し、勉強して「こんな会社にしよう!」という理想を抱いて、会社全員で力をあわせて頑張っていく所存でございます。お互いが理想をもって、その理想を共有し、自社のあるべき姿に立ち向かう時、お互いが理念を共有した会社になると思うのです。そして結果として、お客様に喜んで頂き、満足して頂き、さらに信頼・尊敬され繁栄していくのです。会社が繁栄すれば、社員・スタッフ一人一人の人生が豊かになり、すべてがHappyになるのです。その為にも、”今ここ”を精一杯努力してまいります。


家業から企業への変革を決意し10年が過ぎました。家電販売部門エディオンでんき舘 リックス、修理部門を修理のリックスと今までの2つの柱と再生可能エネルギー事業の新たなる柱で更に顧客満足を追及していきたいと思います。社名のリックス(LICS)ですが、Life-electronics( 生活家電)から Informaition-technology(情報技術)まで Customer-Satisfaction(顧客満足) Customer-Service(顧客サービス)を追求していきたいという思いがあります。


お客様から『リックスさん』、また自ら従業員一人一人が『リックスです』と常に聞いたり、言ったりするごとに、この『リックス』には、どんな意味があるか感じながら行動して頂きたいという私の思いです。長野県初の「販売」と「修理」を分けた業態により、専門性を活かし、この地域においてなくてはならない存在になるように「オンリー・ワン」のシステムを作り上げたいと思います。会社全員で、いまこそ「志」を高く、もっと人の為にお役に立ちたい!世の中、地球の為にお役に立てるように力を合わせて行こうと決意したところでございます。


今後とも宜しくお願い申し上げます。


代表取締役 熊谷 弘