スタッフブログ

エアコン冷房と除湿の違い

2019年8月6日|カテゴリー「齊藤 翔
エアコン
最近ではご家庭にエアコンを導入されている方が増えていますね

さて、みなさんは夏のエアコンの運転モードは何で使っていますか?

近年、暑い夏に欠かせない存在となったエアコンですが
エアコンには部屋を涼しくする2つのモードが搭載されています。
「冷房」と「除湿」ですね、それぞれの機能の
特徴と違いを簡単にご紹介します

「冷房」「除湿」の違いとは?

大まかな違いは

冷房運転は、部屋の空気の「温度」を下げることを一番に考えた機能で

除湿運転は、部屋の空気の「湿度」を下げることを一番に考えた機能です


「冷房」はどうやって「温度」が下がるのか?

冷房運転を行うと、室外機のコンプレッサーで圧縮して冷やされた冷媒(ガス)が
銅管の中を流れ、エアコンの中にある熱交換器というアルミの何層にも重なった
フィンを冷やします
そこに空気を送ると、冷たい風ができて部屋の温度が下がるんです

「除湿」はどうやって「湿度」を下げているのか?

除湿運転を行うと、エアコンが湿度の高い部屋の空気を吸い込んで熱交換器で
熱をうばって空気の温度を下げます、空気が冷えて含むことのできる水分量が減り、
空気中にいられなくなった水分が水滴になって、その水滴を集めてドレンホースと呼ばれる
排水用のホースを通って外に排出します
そうして部屋の水分量が減って、乾燥した空気を再び部屋に戻します
これを繰り返すことで、部屋の空気中の水分がどんどんなくなって、湿度が下がります

「除湿」には3種類もあるんです

「弱冷房除湿」

「再熱除湿」

「ハイブリッド除湿」とあります
外に水分を追い出す仕組みは同じですが、部屋に戻す空気の温度が違うんです

弱冷房除湿は、水分を集めるために温度を下げた空気をそのまま部屋に戻します。
弱冷房をかけているのと同じようなため、肌寒く感じることもあります。
再熱除湿は、水分を集めるために温度を下げた空気を、ちょうどいい温度に
暖めなおしてから部屋に戻します。部屋の温度を下げずに、湿度だけを下げることができます。
しかし、部屋に戻す空気を暖めなおしているので冷房より少し多くの電気を使います。
ハイブリッド除湿は、従来の除湿とは全く異なるしくみで、水分を集めるために

温度を下げた空気を、室内の空気とまぜ室温に近づけて送風するため

寒くなりにくく消費電力は少ないです


私、個人的な意見ですが普段冷房は使っていません
主に除湿だけでしか使っていないです
エアコンはただ冷やすだけでなく除湿機能も豊富なので
購入の時の選定材料として頭の片隅に置いてください

除湿を沢山お使いいただきたいと思います
オススメですよ♪