熊谷 弘

◆飯田下伊那初ソーラーシェアリング◆ 

2019年12月8日|カテゴリー「熊谷 弘
今年の5月に申請をさせていただいた、営農型太陽光型発電=ソーラーシェアリングの許可がようやく受理されてきました。
このソーラーシェアリングにおいては全国では飯田下伊那で初めてでもあり、飯田市農業委員会の皆さんも慎重に又前向きに協議・審議して頂きました。
2013年よりこの制度は開始され全国的には施工実績も多くなってきております
耕作地の上約2.5~3mの位置に、藤棚の様に架台を設置して、そのうえに細幅の太陽光パネルを並べ、作物とパネルで光を分け合います。この設備によりパネルから電気を、土地からは作物を創り出す仕組みです。
電気は販売することも、自家消費として使用することも可能です。農業の収益性を高める仕組みとして注目されています。

今回は「ブルーベリー」2区画、「菌床しいたけ」1区画で許可をいただきました
設備の建設は来年初めから行い、農業の関係は来年秋から始めます
また様子をレポートさせていただきます

ソーラーシェアリングのメリット

◆ 農業事業の収益増

◆ 耕作放棄地の解消・農地資産化

◆ 環境問題


リックス ソーラーシェアリング

◆長野県SDGs推進企業に登録されました◆

2019年11月24日|カテゴリー「熊谷 弘
本年度から始まった「長野県SDGs推進企業登録制度」に申請させていただき、11月13日に県庁にて交付式が開催されました。弊社で160社目です。
長野県では、経済団体、金融機関、大学等支援機関と連携し「環境」、「社会」、「経済」の3側面を踏まえ、企業等が経営戦略としてSDGsを活用することを支援するために制度が創設されました。
弊社では3年前より、このSDGsを、再エネで南信州を元気に「結プロジェクト」の事業構築に取り入れてきました。

社内で情報を共有し、仕事・事業を通じてSDGsの目標を達成して行きたいと思います
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス
長野県 SDGs リックス

◇結プロジェクト ラグビー◇

2019年11月10日|カテゴリー「熊谷 弘
日本開催のラグビーワールドカップでは、日本代表は新たなる歴史を刻み、私たち国民に多くの感動と勇気を与えてくれました。また優勝は、決勝トーナメントで互角の戦いをして敗れた南アフリカが優勝。日本のラグビーの進化を証明してしてくれたと思います
また先日は飯田高校ラグビー班が長野県代表で花園に出場する切符を手にするなど嬉しい情報が耳に入ってきます。バス18台での花園への応援の様です。是非地域一体となって応援したいですね

さて結プロジェクトでも、南信州クラブ(ラグビー)を応援しております
先日第1回目の拠出金を贈呈させていただきました。
早速に小澤代表より報告をいただきました
「本日なかよし保育園でラグビー教室を開催し、いただいた資金を活用し年長全員にリックスさんの名前を出してラグビーボールを進呈してきました。」

お役にたてて光栄です
幼いころから、サッカーボール、ラグビーボールとふれあい将来の地域を引っ張って行ってくれる若者に成長しておほしいと強く願っております!!

プロジェクト 南信州クラブ
プロジェクト 南信州クラブ
プロジェクト 南信州クラブ

◆親子サッカーフェスティバル2019◆ アザリーFC飯田

2019年9月22日|カテゴリー「熊谷 弘
結プロジェクト サッカー アザリー
再生可能エネルギーで南信州を元気に「結プロジェクト」文化振興スポーツ編にて、先日アザリーFC飯田にサッカーボール120個を贈呈させていただきました。9月15日には、アザリーFC飯田主催で、親子サッカーフェスティバル2019が開催され、集まった幼児120名に、サッカーボールがプレゼントされました。

発電事業の一部より拠出させていただき、スポーツ文化の充実を図り地域の活性化につなげるコンセプトですが、子どもたちが芝生のグランドで楽しいそうにサッカーボールを追いかける姿をみて、私たちも更に元気をいただきました

結プロジェクトの完結にむけて、頑張ります!!
地元の皆さん、御協力・応援のほど宜しくお願い致します
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト サッカー アザリー
結プロジェクト アザリー サッカー

◆結プロジェクト 高森町調印式+記者会見◆(20190830)

2019年9月15日|カテゴリー「熊谷 弘
高森町での結プロジェクトに関して、記者会見と調印式をさせて頂きました(20190830)

初めて御提案させていただいたのは2017年7月。それから2年が経ち町長も熊谷町長から壬生町長に変わられましたが、公共施設1施設に太陽光発電設備を設置させていただき「結プロジェクト」をスタートさせていただきました
他社からの提案もありましたが、弊社の提案を採用していただけたことに、深く感謝申し上げます

◆高森町学校給食センター 38.5kw

屋根の使用料として年間7万円を20年間お支払いをさせていただき
「子どもたちの教育の充実」などに使用して頂きます


使用料以外にに児童・生徒の「環境教育」の素材の一つとして
C:発電状況を確認できるHPのアドレスを提供させていただいております。
今の子どもたちが大人になるころは、もっともっと再生可能エネルギーが普及され
世界全体で地球環境やエネルギーの事が考えられ、大切にされる世の中になっております
SDGsも2030年をターゲットして国連が定め、今全世界で取り組まれております
小学生の児童が2030年には立派な社会人世の中に役に立ち、頼られる社会人になって、いずれは高森町に戻ってきて活躍してほしい私たちの強い想いです
結プロジェクト 高森町
before
結プロジェクト 高森町
horizontal
after
結プロジェクト 高森町
REC製
REC290TP2  196枚設置
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト公共施設編の大きな特徴、それは防災機能の向上!
使用料のほかに、高森町の「防災機能の向上」の為に
A:蓄電池内蔵移動型太陽光非常用電源装置 1セット 贈与 (弊社開発)
B:非常用電源 1か所(非常用電源7コンセント)
非常時には役立つ品と、避難場所となる公共施設で万が一の時に使用できる非常用電源の確保は、自然災害の多い昨今では、大変重要なことだと考えております

町長や教育委員会の皆さんも大変興味を持っていただき、9月の防災訓練で早速御使い頂いたようです
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト 高森町
結プロジェクト 高森町
南信州新聞さまが掲載してくれました
いつも本当にありがとうございます!!

◆結プロジェクト文化振興編 記者会見+贈呈式(20190906)◆

2019年9月15日|カテゴリー「熊谷 弘

再生可能エネルギーで南信州を元気に!
「結プロジェクト」文化振興編の初めての記者会見と第1回目の拠出金贈呈式を開催させていただきました
賛同頂いてる地元企業の皆さんに、心より感謝と御礼を申し上げます

拠出金贈呈先
① 一般社団法人 アザリー飯田フットボールクラブ⚽️(サッカーボール120個)
② 総合型地域スポーツクラブ 特定非営利活動法人 南信州クラブ

結プロジェクト 太陽光
一般社団法人 アザリー飯田フットボールクラブ 会長 上沼直樹様
 総合型地域スポーツクラブ 特定非営利活動法人 南信州クラブ 理事長 小澤健様に
ご参加いただきました
結プロジェクト 太陽光
南信州新聞さまが掲載してくれました
結プロジェクト 太陽光
中日新聞さま
信濃毎日新聞さまが掲載してくれました
結プロジェクト 太陽光
結プロジェクト 太陽光
結プロジェクト 太陽光
結プロジェクト 太陽光

◆設置場所:飯田下伊那の民間企業(現在5社)

 ・有限会社和泉庄様(27.5kw)・社会福祉法人一陽会様陽だまりの丘様(38.5kw)

 ・阿南ショッピングセンター協業組合ナピカ様(49.5kw)

 ・ハナブサ精機株式会社様鈴岡工場隣倉庫(33w)・株式会社リックス(49.5kw)


50~100社を目指します!

結プロジェクト 太陽光

特に力を入れているのはスポーツ。
地元企業から屋根を借りて、太陽光発電システムの設置により得た売電利益の一部を、南信州広域で活動している2つのクラブチーム(アザリー飯田FC(サッカー)、南信州クラブ(ラグビー))に拠出していきます。2つのクラブチームを20年間全面的に支援して、子どもたちが夢を描き、夢を実現できる環境づくりと豊かなスポーツ文化の充実を図り、笑顔溢れる健康なまち、南信州の構築を目指したいです!

この「結プロジェクト文化振興編」はリニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通を見据えて、ふるさとの発展が重要で、その発展に欠かすことができないのが「文化」だと思います。この地域でしか味わえない「食」文化、この地域で古くから伝承されてきている「伝統」文化、また全世界共通である「スポーツ」「音楽」文化。文化は“心を豊か”にし、ふるさとに大切な“人の繋がり”を創ってくれます。
その文化振興に再生可能エネルギーを使って、持続可能な南信州の実現を図るために、結プロジェクト「文化振興編」を立ち上げました。

まだまだキックオフしたばかり
どうぞ地元企業の皆さん、宜しくお願い致します!

◆結プロジェクト 豊丘村調印式+記者会見◆(20190726)

2019年7月28日|カテゴリー「熊谷 弘
豊丘村での結プロジェクトに関して、記者会見と調印式をさせて頂きました(20190726)

初めて御提案させていただいたのは2017年7月。それから2年が経ちましたが、公共施設6施設に太陽光発電設備を設置させていただき「結プロジェクト」をスタートさせていただきました
①豊丘北小学校 22kw 
②豊丘南小学校 22kw
③豊丘中学校  22kw
④豊丘村体育館 49.5kw
⑤豊丘村学校給食共同調理場 33kw
⑥豊丘村神稲児童館 11kw
合計159.5kwの契約容量になります

屋根の使用料として年間45万円を20年間お支払いをさせていただき
「子どもたちの教育の充実」「地域活性化」「文化の振興」などに使用して頂きます

使用料のほかに、豊丘村の「防災機能の向上」の為に
A:蓄電池内蔵移動型太陽光非常用電源装置 6セット 贈与
B:非常用電源 6か所 
非常時には役立つ品と、避難場所となる公共施設で万が一の時に使用できる非常用電源の
確保は、自然災害の多い昨今では、大変重要なことだと考えております
町村の皆様からも大変興味を持っていただき、喜ばれております

その他に児童・生徒の「環境教育」の素材の一つとして
C:発電状況を確認できるHPのアドレス
を提供させていただいております。
今の子どもたちが大人になるころは、もっともっと再生可能エネルギーが普及され
世界全体で地球環境やエネルギーの事が考えられ、大切にされる世の中になっております
SDGsも2030年をターゲットして国連が定め、今全世界で取り組まれております
小6の児童が2030年には立派な社会人
世の中に役に立ち、頼られる社会人になって、いずれは豊丘村に戻ってきて活躍してほしい
私たちの強い想いです

更に弊社が設置させていただいた太陽光発電設備の償却資産税も村にとっては大きな収入源です

下平村長はじめ教育委員会の皆様、学校関係の皆様など多くの皆様の御理解・御協力をいただきました
特に故昼神教育長には、絶大なるお力添いをいただきました。この事業が実現できたのも故昼神教育長のお蔭です。今度も故昼神教育長の熱い想いを引継ぎ、誠実に豊丘村の為に事業展開をして参りたいと思います

結プロジェクト 豊丘村
結プロジェクト 豊丘村
弊社開発!
蓄電池内蔵移動型太陽光非常用電源装置

結プロジェクト 豊丘村
結プロジェクト 豊丘村
豊丘北小学校
結プロジェクト 豊丘村
豊丘南小学校
結プロジェクト 豊丘村
豊丘中学校
結プロジェクト 豊丘村
豊丘村体育館
結プロジェクト 豊丘村
豊丘村学校給食共同調理場
結プロジェクト 豊丘村
豊丘村神稲児童館
結プロジェクト 20190804南信州新聞

◆太陽光発電 固定買取制度ラストイヤー◆

2019年7月14日|カテゴリー「熊谷 弘
FIT終了検討記事
2012年7月から始まった太陽光発電などの全量買取制度(10kw以上)が今年度で終了しそうです
2030年までの再生可能エネルギーの導入目標からすればまだまだ再生可能エネルギーの普及には国全体で取り組む方向性でありますが、全量買取制度においては抜本的に見直す方向です
理由は、この売電金額はすべて国民が負担しており、毎月の電気料金に上乗される「再エネ賦課金」と支払っております
この負担額が2兆4千億円に膨らんでいることが一つの理由です

2012年7月は売電単価が40円でした
本年度2019年は14円
しかし発電システム代は安価になっておりますので、弊社ではこの最後の機会を積極的に推奨しております

「あの時は考えてなかったが、今はやりたい」
「退職して土地の有効活用を検討したい」
日々色々な考えで、太陽光発電を考えている方々から相談を受けます

いよいよ全量買取制度は最後となります
是非この機会に検討してみてください
まだまだ利回りは他の土地活用より優れております!


★ニチコン 蓄電池&V2H★

2019年6月23日|カテゴリー「熊谷 弘
リックスでは、ニチコンのすべての蓄電池(単機能・ハイブリッド・トライブリッド・ポータブル)とV2Hシステムの販売が可能になりました!
蓄電池のご購入は、リックスへ!
お客様のライフスタイルに合ったシステムの御提案はもちろん、補助金に関してもスタッフが丁寧に説明させていただきます!


★「太陽光はつかって、ためて、はしる時代へ」・・・家も車もこれ一台 『トライブリッド蓄電池システム』

★「クルマを暮らしの電源へ」・・・EV電力をフル活用する暮らしがスタート 『EVパワー・ステーション』

★「太陽光で創った電気をたっぷり蓄えて、くらし丸ごとバックアップ!」・・・『ハイブリッド蓄電池システム』

★「もしもの停電にしっかり備えて、いつもの電気は自給自足」・・・『単機能蓄電池システム』

★「とつぜんの停電。でも止められない家電がある」・・・『ポータブル蓄電池システム』

ニチコン リックス トライブリッド
ニチコン リックス ハイブリッド
ニチコン リックス V2H

■ソーラーシェアリングに向けて②■【営農型太陽光発電システム】

2019年6月9日|カテゴリー「熊谷 弘
飯田下伊那地域で初となる「ソーラーシェアリング」(営農型太陽光発電)の申請を提出させていただきました
農作物は「ブルーベリー」と「菌床シイタケ」です
この事業の目的は次の通りです

「農業は我が国の食料自給率アップをはじめ私たちが生活していく中で最も重要な位置づけであります。また再生可能エネルギーは世界的なレベルで構造転換が起きております。今、農業とエネルギーは地域の問題そのもので、ソーラーシェアリングの主な目的は、未利用農地や耕作放棄地などの再生と保全、そして農業の復興です。また環境意識の高まりに伴うグリーンエネルギーの選択においても大きな意味を持ちます。持続可能な農業のあり方が模索される中、就農者減少や高齢化に対するソリューションとして、地域に寄り添いながらソーラーシェアリングの実現を図り、農業課題・地域課題の解決の一助として参ります。」

仮契約をいただいている、多くの地権者の皆さんの為にも、またふるさとの為にも、この「ソーラーシェアリング」の事業化を図って行きたいと思います!


ソーラーシェアリング リックス
ブルーベリー
太陽光 菌床きのこ
菌床シイタケ
ソーラーシェアリング リックス
莫大なる資料です
ソーラーシェアリング リックス
厚さ2.8㎜
この「ソーラーシェアリング」ですが、全国では2000箇所近く、既に稼働しております
長野県は20数件です

私の友人の沖縄の社長さんは、太陽光の下でヤギを育てる「ソーラーシェアリング」で事業展開しております

ソーラーシェアリング 
ソーラーシェアリング 
ソーラーシェアリング 
私の一番最初は「養蜂」蜜蜂での「ソーラーシェアリング」
まだまだ諦めておりません♪

◆エディオン最優秀店舗12ヶ月連続達成賞 受賞◆

2019年5月26日|カテゴリー「熊谷 弘
エディオン
毎年行われるエディオン フランチャイズ方針発表会…
今年は栄えある賞「12ヶ月連続達成賞」を頂くことが出来ました✨12000店舗以上ある中で優秀店舗と選ばれ、12ヶ月連続達成出来たのは20店舗…また弊社の事例紹介もされました✨

前年比150%を達成しての連続達成…
スタッフの汗の結晶です✨

更なるお客様の喜び、満足の為に「令和」も、ビジョン達成に向けて、スタッフと共に頑張ります‼️
エディオン FC
エディオン久保会長兼社長執行役員様と一緒に
エディオン FC
エディオン久保会長兼社長執行役員様と一緒に
エディオン FC
エディオン岡島副会長様と一緒に

■ソーラーシェアリングに向けて①■【営農型太陽光発電システム】

2019年4月28日|カテゴリー「熊谷 弘
太陽光 菌床きのこ
菌床きのこ
えっ 電気屋さんがきのこ
と驚かれる方もいるかもしれません
飯田下伊那初の「ソーラーシェアリング」営農型太陽光発電システムの申請むけて、5年前から研究を重ねております
最初は「養蜂」から始まり色々と挑戦してきましたが、大分まとまってきました!

本日は「菌床シイタケ」の視察模様をお伝えできればと思います

農業振興地域や第1種農地でも、20年間の永続的な農業を営み、平均単収から20%ダウンさせなければ、20年間発電事業を農地の上で出来るシステムが「ソーラーシェアリング」です
「菌床きのこ」においては、日光を100%遮断して栽培されるため、太陽光発電の下の環境は最適です
後は温度管理・湿度管理ですが、春と秋なら自然の中で栽培できるということから、現在視察を重ね営農計画を作成しているところです
太陽光 菌床きのこ
15㎝×15㎝×20㎝の菌床から20個のきのこ
太陽光 菌床きのこ
清潔なきのこ工場
虫一匹もおりません
営農計画には欠かさない売り場の調査
他県のきのこと比べ、「美女しいたけ」は格段と味と香りは違います
最近では、焼いてしょうゆをかけて食べるのが私の楽しみでもあります
太陽光 菌床きのこ
豊丘マルシェ
太陽光 菌床きのこ
キラヤ各店
実は「菌床しいたけ」の前に「菌床きくらげ」で計画もしておりましたが、湿度と温度管理の難しさで、断念しました
視察させていただいたところは、日本一のきくらげの栽培工場だと思います
清潔で立派なきくらげがどんどん成長しております
太陽光 菌床きくらげ
太陽光 菌床きくらげ
太陽光 菌床きくらげ

■PV EXPO 2019■

2019年3月31日|カテゴリー「熊谷 弘
毎年、社員と太陽光発電等の自然エネルギーの日本最大の展示会「PⅤ EXPO」に必ず参加して、知識を深め、技術を磨き、ネットワークの構築に努めております。
多くの学びがありました!

PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
昨年ドイツの「インターソーラー」世界一の展示会で興味を持った商品も日本に上陸

PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
ドバイの再生可能エネルギーの取組み
もはや石油大国は、再エネ大国!
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
蓄電池もいよいよ本格的
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
PV EXPO
今回は大学生の長男も初参加

■結プロジェクト 営業ツール■

2019年3月24日|カテゴリー「熊谷 弘
再生可能エネルギーで南信州を元気に!「結プロジェクト」の営業に必要なツールが揃いました♪
いよいよ「結プロジェクト」文化振興編の営業もスタート致します!
地域の企業の皆さん、是非ご賛同頂ければ幸いです
結プロジェクト リックス
結プロジェクト リックス
結プロジェクト リックス
結プロジェクト リックス
結プロジェクト リックス
SDGs リックス
結プロジェクト リックス

◆環境モデル都市認定10周年記念講演◆飯田市

2019年3月10日|カテゴリー「熊谷 弘

2月21日には、環境モデル都市認定㊗️10周年記念講演会「気候変動。飯田の役割!」が開催され、記念すべき素敵な企画に全社員で参加させていただきました。
講演会は「持続可能な都市のつくり方
縦割りを超える、イノベーションを起こす 事例と理論から」環境ジャーナリストの水口哲氏の講演でした。

前日から飯田に入られ、飯田のまちづくりからそれらに関わる多くの方々にヒアリングをして、この地域にあった持続可能なまちづくり論を、主にヨーロッパの先進的な事例を紹介しながらお話をしていただきました。

まさに
ソフトロケーション
子供たちが故郷に戻りたくなる魅力づくり、また受け皿が南信州には必要で、エネルギー関係でそれが実現すれば素敵です。私たちもその考えが原点で「結プロジェクト」を立ち上げ、展開しております。再認識出来ました。
http://lics-net.com/project

リニア開通を見据えてスパーメガ・リージョン構想という革命的な大都市圏の中間である飯田

リニア駅も飯田下伊那の文化プラス
・様々な再生可能エネルギーを利用した先進的な技術を生かした環境モデル駅
・地域熱供給を用いた新しい住宅街
など他の中間駅にはない、環境モデル都市ならではの駅周辺の開発がされたら、他の駅開発と差別化が図れると考えております。

小さな世界都市の玄関はそうありたいと…

良い企画していただきありがとうございました
更なる発展を目指して、官民連携してまちづくりが出来ればいいですね!

※昨年行ったドイツのフライブルク市の庁舎の写真です。環境政策、環境教育、交通政策など視察の中で最も興味を持った都市です。また報告させていただきます。

環境モデル都市 飯田市
環境モデル都市 飯田市
環境モデル都市 飯田市
ドイツ フライブルグ
ドイツ・フライブルグの庁舎  太陽光722kw
とてもおしゃれな、環境に配慮した建物
丁度休日で中には入れませんでしたが、今度は中も見学したいと思います
ドイツ フライブルグ
太陽にあわせて、パネルが回転する「追尾型」
ドイツ フライブルグ
ドイツ フライブルグ
ドイツ フライブルグ