スタッフブログ

天龍村 防災訓練特集 第1弾

2018年9月27日|カテゴリー「古田悠人
皆さんこんにちは!!お久しぶりです
朝晩、冷え込む事が多くなりましたが、日中はまだまだ暑い日が続きますね

さて今回は、9月1日に行われた天龍村の防災訓練特集です
リックスでは「結プロジェクト」を通して、天龍村に「移動型太陽光非常用電源装置」提供させて頂きました
この非常用電源装置の使い方を、避難施設に集まった住民の皆様にお話ししました




移動型太陽光非常用電源装置
この「移動型太陽光非常用電源装置」は、常時、避難施設の100Vで充電して頂き、停電が起きた時でも100Vが出力されます。また、晴れていれば外に出して、太陽光パネルでの充電が可能となっております
携帯電話であれば、20台を3時間充電可能となっています

今回、私が説明させて頂いた場所は、天龍村の向方にあります「老人憩いの家」と言う場所です


移動型太陽光非常用電源装置
住民の皆様に、使い方の説明をしている所です
防災訓練なので、しっかりとヘルメットを装着


移動型太陽光非常用電源装置
集まった人数は、約30名ほどでした
大勢の方が、真剣に話を聴いてくださいました

移動型太陽光非常用電源装置
最近は震災も多く、長野県にもいつ大きな地震が起きてもおかしくないと言われています
多くの方が集まって下さり、天龍村の方々の防災意識の高さに驚かされました
万が一に備えて、この「移動型太陽光非常用電源装置」を活用して頂けたら嬉しいです

この他にも、天龍村の2つの地区にリックスで参加させて頂いております
第2弾、第3弾と続きますので、お楽しみに

急増中スマートハウス

2018年9月25日|カテゴリー「齊藤 翔

IoT化が進む「日本のスマートハウス」

スマートハウス
新築住宅を中心にIoTを活用した「スマートハウス」が増えてきています。
その背景には、2011年に発生した東日本大震災が関係しているそうです
首都圏でも計画停電が実施されるなど、“電力不足”が大きな問題となったことを覚えている方は多いと思います。政府でも家庭での省エネ・節電を推進するための検討がされました。
電力の管理・省エネが可能なスマートハウスが普及すれば、その不足分を補えると考えました。国を挙げたプロジェクトとして、新築住宅のスマートハウス(省エネ)化が推奨されることになりました

ITを駆使し、家庭内のエネルギー消費を制御する“次世代省エネ住宅”「スマートハウス」。そこには、“HEMS”と呼ばれるシステムが採用されています。

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。
スマートハウス
スマートハウス
このように、電気を賢く「使う」「作る」「貯める」事が
出来る仕組みが「スマートハウス」です

天龍村 ◆結プロジェクト◆ 記者会見

2018年9月11日|カテゴリー「熊谷 弘
結プロジェクト
天龍村の結プロジェクトに関して、記者会見と調印式をさせて頂きました
永嶺村長はじめ役場の皆さん、学校の先生方、住民の皆様がに喜ばれる事業展開を今後も進めて参りたいと考えております。
結プロジェクト 天龍村
調印式の模様
結プロジェクト 天龍村
両サイドには、弊社が開発した
移動型太陽光非常用電源装置です
6セット贈呈させて頂きました

映画■おだやかな革命■ 上映+渡辺監督トークショー

2018年9月10日|カテゴリー「熊谷 弘

おだやかな革命

◆おだやかな革命◆

新聞記事を拝見し、上映会渡辺智史監督のトークショーにスタッフと参加して来ました

自然エネルギーによる地域再生。これからの時代の豊かさを巡る物語です…
出演される全ての皆さんが、お話をした事、一緒に活動させて頂いている皆さんで、驚きと刺激も頂きました


本当の幸せとは…
この映画の中には、これからの日本に大切なことが多く詰め込まれております。

自分はこれで幸せかという問いがちゃんと真ん中にある。これは革命と言ってもいい。でも、今まで多くの人が想像してきた革命とは全然違うものではないか…
(文化人類学者 辻信一氏)
のメッセージも印象的でした。

2014年のマスターレポートには、人口減少による地方消滅が発表された。しかし、おだやかな革命のように、小規模な町村でも、人口が増えて潤い始めているところも多い…

大都市一局集中から地方へ分散
地方には文化と豊かな自然、そして人の繋がりがあります。一つ一つの地域ぐ輝いて、我が国の発展があるのだと、信じて日々取り組みをしております。


弊社が展開している
再生可能エネルギーで南信州を元気に
「結」プロジェクト
最近同業者の不祥事や倒産などの記事が多く残念でありますが、
我々は誠実にさらなる地域の活性化のためにプロジェクトを進め参ります

まだまだやる事ばかりです
が頑張ってやって行きます!

必ず、新たなる気づきを頂ける「おだやかな革命」をご覧ください!

飯田センゲキシネマズ
9月21日まで
0265221070


おだやかな革命
おだやかな革命
おだやかな革命
おだやかな革命

自宅を綺麗に!外壁塗装 第三弾

2018年7月19日|カテゴリー「古田悠人
こんにちは
7月も中旬に入り、いよいよ夏本番ですね
今年は平成最後の夏になるということで、私も何か良い思い出作りが出来たらと考えております
皆さんはどのようにお過ごしになられますか?

さて、今回は外壁塗装 第三弾

最後は塗装の工程についてです
何回塗って、どのように仕上げるのか
一連の流れを詳しく説明していきます




img20151011175406314706
まず始めに「下塗り」です
下塗り材にも種類がたくさんありますが、シーラーとフィーラーを使う事が多いです
壁の材質や状態によって下塗り材を選定していきます


nakanuri
次は「中塗り」です
中塗りは上塗りと同じ材料を使います
現在、主流の材料は「ウレタン」「シリコン」「フッ素」になります
1508909895
最後は「上塗り」です
中塗りと材料が同じですので、塗り残しがないように塗るのが難しいです
職人さんの腕にかかっています
基本的には三回塗りをする事が多いです
外壁の状態によっては他の工程で塗るときもあります
しっかりと外壁の状態を判断できる会社に頼まないと、塗料に見合った効果を発揮できない場合がありますので注意してください
また、塗料も種類が豊富なのでしっかりとした選定が必要となってきます

外壁塗装をするにあたって、最も重要な事は「業者選び」です
皆さんもしっかりとした業者選びをして、外壁塗装を行ってください

今回で外壁特集は最後になりますが、外壁のご相談は是非とも「リックス」までお問い合わせ下さい